本日のおすすめ『クラシック音楽 コンサート 演奏会 人物型 集客方法のヒント』等

注目の情報『トランペット演奏法』(篠田 昌希)

トランペット演奏法

トランペット上級者でもうまく表現できなかった演奏方法を初心者の方に分かりやすく分析し、解説
「一日10分、一ヶ月、あることを実践した」だけで、奏法に関する悩みがほとんどなくなりました!
音色が安定!狙った音が気持ちよく当たる!
そのあることを意識しながら練習を続け、1ヶ月後。
高い音がラク楽に出る!唇がバテない!
さらに、狙った音が面白いように当たる!まさに自由に音を操れるようになれたんです!
この演奏法を会得して気づいたことは…さまざまな技術(リップスラー・タンギング・ロングトーンなど)の練習は、音を自由に操れるようになってから、しっかりと成果を得られる…と、言う事でしたっ!!音が出る様になってから、初めてその技術が活かされるのです。

トランペット演奏法の公式サイトへ

なるべくイメージの要素を含む表現を使わず、具体的な文章で作成しました。
それでも分かりにくい、伝わりづらい内容があれば、お気軽に質問して下さい。
良くある悩みの「練習場所がない」方の為に対応している内容も含まれています。
「トランペット演奏法」は音を自由に操れるようになるために、音を出さなくても良い練習法が記載されています。
練習場所が無い、そういった悩みをお持ちの方の助けにもなればと思います。
「トランペット演奏法」は、いくら練習を積んでも、上手い奏者に教わっても上達できないという方のために、その謎を解き明かしている内容だと思います。

トランペット演奏法の公式サイトへ